ハピトレ教室シャンティ 「美尻・美脚のプロ!おいしいからだになる整体」
三木市ハピトレ教室シャンティ/明石市ハピトレ教室シャンティ
ハピトレ教室シャンティ三木市ハピトレ教室明石市ハピトレ教室   
電話でのご予約・お問い合わせは
ハピトレ教室シャンティ三木市ハピトレ教室明石市ハピトレ教室














はじめまして。
ハピトレトレーナー市浦ゆかりです。

ハピトレトレーナーになるまでの
市浦ゆかりを紹介したいと思います。

1983年6月20日、神戸市にて産声をあげました。



幼少期は人形遊びより、外で鬼ごっこや、虫とりが好きで
女の子より男の子とばかり遊んでいるような子でした。

物心ついたころから走るのが大好きで、
小学校のマラソン大会も1番や上位の成績で
このとき、
将来の夢は「マラソンでオリンピックに出ること」でした。


陸上の練習にあけくれた学生時代から、
社会人になりヨガとの出会いでヨガティーチャーとなったヨガ時代を経て、
今のハピトレトレーナーへの道、ハピトレ時代の3部作になります♪

中学時代は陸上部に入部する予定でしたが、
何故かハンドボール部に入部しました(笑)

強豪校だったので、毎日スパルタの日々。
球技は自分には合わないと実感し、高校からは陸上部に入ろうと決意します。

高校は明石市内で陸上が一番強い高校に入学し、念願の陸上部に入部。

400m.800mをメインにやっていました。
ただ、初心者ということもあり、初めは一番遅かったです!

でも、走るのがとにかく好きで、
がむしゃらに、楽しく練習を続けていくうちに、
どんどんタイムが伸びていきました。

高校二年生の学年別の県大会で
初めて表彰台に登りました。

そこから自信がついて、練習も更にやる気になり、
最終的には高校三年の時に近畿大会まで進めました。


(高校時代の私です。)


全国には進めなかったので、大学でも陸上を続けようと思い、
奈良の大学に入りました。

800m専門選手となり、高校時代より練習量は倍増。
泣きながら走った記憶があります(笑)

練習を普通にこなすのに2年はかかりました・・・
故障もたびたびしましたね。
貧血にもなって練習をまったくできない日々もありまし た。

辛かったけれど、全国に行きたい!!
それだけの為に必死に耐えてきました。

そして、大学三回生の時に
目標だった全国大会にも進むことができたんです!!!
でも、そこで燃え尽きてしまった。

本番では緊張もあってか予選落ち。
4回生の全国大会も故障もあってまた予選落ち。

自分のメンタルの弱さに嫌気がさしていました(笑)



 ヨガ時代 >>

 

▲UP
TOP / ハピトレとは / レッスンの流れ / レッスン料金 / ハピトレ感想 / プロフィール / FAQ集 / ピロトレとは / アクセス / ブログ 

copyright©2016 hapitoreshanti all rights reserved.